同じ顔のタイプの男を好きになる | 妻の浮気の事例

同じ顔のタイプの男を好きになる | 妻の浮気の事例

同じ顔のタイプの男を好きになる【目次】

 

女性は同じ顔のタイプの男を好きになるようです。

 

浮気した男性の顔をみてみると、夫によく似ていたり、学生の時に好きだった人に似ていたりというケースが多いのです。

 

ここではそんな同じタイプの男を好きになってしまい浮気をしてしまう「Sさん」の事例を紹介したいと思います。

 

「Sさん」の事例から浮気してしまう女性について考えてみましょう。

 

 

「彼ってねえ、ほんとうに素敵なの。すごくスマートなしぐさで気持ちは穏やかな人だから、一緒にいて心から安らぐことができるんですよ」

 

四十八歳のSさんは、定期的にノロケるために職業的に秘密を口外しない人(施設)のところに行きます。それが二か月に一度のこともあれば、半年近く空くこともあるが、何かしら報告をもって訪ねていきます。

 

Sさんの報告とは、他所では言うことのできない「私の密やかな浮気」を語ることだ。近所の人にノロケることはできないし、友人や身内にも言うことはできない。

 

のろけ話をするときにはいつも恋人とのツーショット写真や詳細な日記、二人でやりとりしたメールのプリントアウト等を持参し、いつ、どこのレストランで何を食べ、その夜ホテルでどれほどの熱い時間を過ごしたかを語るのである。

 

こういった類の「浮気」も珍しくはない。浮気がやめられない妻たちのなかには、新しい報告をしなければ気が済まない感覚を持つ人もいる。

 

「王様の耳はロバの耳、葦の笛を吹いたら……、そんなことを思っているわけじゃないんですけど、秘密を守ってもらえるし、安心して話せる唯一の場所。どうしてもノロケたいのよ、私。ふふっ。この前ね、友人の母親の葬式だってウソをついて、彼と旅行したの。その話をたっぷり聞いてもらいたくって、今日までの十日間が待ち遠しくって、ほんとに長かったわ」

 

首をすくめていたずらっぽい笑顔でSさんは言いながら、ヴィトンのバッグから封筒をとり出し、テーブルに写真を並べた。

 

「あれ?前の恋人と違う男性ですね。前の方より、ちょっと若い?」

 

「いやあだ、私が言う前に気づくなんて。前の彼は五十三歳だったでしょ、この彼は四十九歳なの。まだ出会って三か月なんだけど、もういろんなことがぴったり合って、楽しくてしかたないのよ。二泊三日の旅行中もずっと笑ってばかり」

 

彼女だけでなく、こういったタイプの女性たちは皆、楽しくてしかたないという風に語る。いや、楽しくてしかたない時期だけに報告するのである。

 

相手の男性とは、はじめから浮気と割り切ってつきあっているし、間違っても夫と離婚して彼と人生をやりなおそうなどとは思っていない。彼女たちの浮気は、いずれ必ず終わりを迎える。

 

つきあって一年前後で終わることがほとんどだが、終わりを迎える頃には報告しに行かなくなる。いつも、浮気がいちばん楽しい時期に来て、おもいきりノロケを聞かせて爽やかに笑って帰っていくのが彼女たちである。

 

ひとつの浮気が終わった後、その浮気を振り返ることはしない。ときに振り返りの方向へ話の流れを向けてみても、彼女たちは反応しない。終わったことにはかかわらないとの意志を持って浮気をするのである。

 

 

新しい恋人の写真を見ていて、気づくことがある。

 

「あら、ご主人と似てるんじゃありませんか。前の恋人とも少し似ていますね。あごから首、肩にかけてのラインが一緒でしょ、背も高いんでしょうね」

 

「そうなのよ。よく分かりますね。私ったら、何度つきあっても同じような男性ばっかりなのよ。背が高くて、細面で瞳が大きくて、長めの前髪が少し目にかかるくらいがいいのよね。さらさらした髪の毛がいいの。あ、ハゲはいやよ。私はね、鍛えられた体の男性がいいわ。きちんと鍛えているけれどマッチョじゃなくスレンダーな体。おまけに洋服は少しルーズなおしゃれじゃなきやいけない。でも、これだけ指定しているからこそ、いつも同じような男性に当たるんでしょうね。当然かもしれないわね」

 

「Sさん、すごいですね。繰り返しのパターンを自覚していらっしやるんですか」

 

「そうなのよ、自覚しているの。だから、今度は違うタイプを選んでみようと思うんだけど、気がつくといつも同じパターンなの。あら、また同じだったわって気がつくころには飽きて、短い時間で別れるのかしらね」

 

いや、彼女は飽きるわけではない。彼女たちは短い時間で別れることを自らに課しているところがある。ときには単なる刺激として、ときには燃えるような「恋」を「浮気」というかたちで行っていることも自覚しているのだ。せつないではないか。

 

そして、「結婚」という社会に守られた枠から自分自身が外れることなど考えもしないがゆえに、楽しいと感じる時間や期間だけを一人の恋人とすごし、美しく終わりを迎えることができる時期を選んで、終わっているのである。

 

泥沼の終焉を迎えたり、長く恨みを持ち続けるような醜い終わり方は、彼女たちの好むところではない。たとえば、相手の男性も結婚して家庭を持っている場合には、彼を離婚させようなどとは考えないし、彼の家族を崩壊させるような言動は間違っても行わない。また逆に、彼からプロポーズさせるような思わせぶりを見せることなども、彼女自身の恥である。ましてや、一人で錯覚して舞い上がるような知性のない男性を相手として選ぶことなど、はじめからない。

 

 

およそ人の好みというものは、生涯を通じてそれほど大きく変化するものではない。

 

「安心できる顔」というものを、それぞれの人が持っている。多くの場合、女性が持つそれは、父親や過去の恋人、昔憧れた学校の先生とどこか似通っている。

 

父親も恋人も恩師も、ある時期の彼女たちにとって「私を大切にしてくれる、安心できる存在」だったからこそ、記憶に残る顔立ちは安心の要素となる。結婚でも浮気(恋愛)でも、安心できる顏を選ぶのは当然のことだ。

 

男性の場合は、母親がその基準となることが多い。目と目の間隔の広い母親に育てられた男性はヒラメ顔の女性の顔に安心するし、太った母親に育てられると、たっぷりとした肉感に安心を覚え、やせた母親に育てられた男性は、細い腰を抱くことで安堵するのである。また、茶色い瞳の母親に抱かれていれば茶色い瞳を持った女性に安心する。

 

茶色い瞳を見慣れた日本男性が、ときに青い瞳の女性に惹かれるのは好奇心や征服欲がスタートであって、安心からではない。征服の後に、征服欲が満たされたことによって結果的に安心を得るのだ。

 

話が横道にそれてしまったが、Sさんの告白はまだ続いている。

 

「あ、まだあるのよ、男性に対する私の好み。彼の声が、またイイの。肩を抱かれたときに耳元であの声でささやかれると、もうそれだけでぞくぞくしちゃう。肩を抱かれただけなのにイッてしまいそうなくらい感じちゃうのよねえ」

 

女性が異性を選ぶときのもう一つ大きな要素として、男性の発する「声」がある。

 

低く、くぐもった声でゆっくりと話す男性が好きだという女性もあれば、少し高めの声でささやくように語る男性が好きだという女性もある。テレビの討論番組にも出演するT大学のK教授は女性の人気が高い。その人気の秘密は、整った顔よりも声と言葉のトーンにあると私はみている。K教授が、頬杖の一つもついて、例のトーンでこんな風に言ったらどうだろう。少しゆっくり。

 

「ご存知のとおり、W条約以降、近代国家が成立したんですよ」

 

このフレーズに多くの女性がうっとりとして、そうね、そうなのね、うんうん、とうなずくのだが、彼女たちはW条約が何であるか知らないし、知らなくても構わない、知っている必要もない。K教授が、K教授の声で話し、画面を通して少しゆったりとした空気が伝わってくるということが大切なのである。すべてをなげうってもいいとすら思う。それは、話の内容が違うものでも同じ反応がおこる。

 

たとえばK教授が同じ声のトーンで次のように言ったらどうだろう。また、少しゆっくり。

 

「ご存知ですか、少し先にある横丁のパン屋の角には、赤いポストがあるんですよ」

 

この言葉にも同じようにうっとりと、そうね、そうなのね、赤いポストがあるのね、とうなずくだろう。ようするに、言葉の中身など聞いちゃいないのだ。

 

話はまたしても横道にそれてしまったが、Sさんは変わらず語っている。

 

「そうそう、今の彼だけじゃなくって、前の彼も、独身時代の恋人も、みんな声が素敵だったわ。そういえば、私の夫だって、声は悪くないのよ、イイの。ふだんは何を考えているのか分からない人だけど、あの声で語られると、どうしてかしら、つい納得させられちゃうのよね」

 

成人してからの声は他の器官に比べてもっとも変わりにくいものであると同時に、似た骨格からは似た声が発せられる。したがって、Sさんの夫と前の恋人と今の恋人の顔が似ているのも当然だ。鼻からあど、のどにかけてのラインはほぼ同じである。Sさんの恋人たちは毎回写真を見せてもらっているため、確信を持つことができる。さらに彼女の場合は、髪型や瞳の大きさ、服装まで指定しているため、三人を一列に並べると奇妙なほどの相似形になるだろう。

 

 

これは女性だけにかぎられたことではない。フェティシズムなどという言葉を引っ張り出すまでもなく、男性の好みはさらに顕著だ。女性の場合は、いつも似たタイプの相手を繰り返し選んで浮気をしがちであり、自分の年齢とバランスをとって(自分より年齢が下が上かは好み次第に)相手との年齢差がほぼ一定だ。しかし男性の場合は、そこから年齢という要素を「引く」のである。

 

浮気の報告をしたがる人は、もちろん女性ばかりではない。

 

男性の中にも、浮気を繰り返し、Sさんと同じように、相手が変わるたびに写真を持参して詳細な報告をしたがる男性もいる。

 

そんな写真持参者の中にはこんな人もいた。

 

彼と彼の妻と一緒に話をしたときのことだ。主な悩みは妻のほうにあった。彼女の不満は、夫が面白くない人間だ、ということだった。眉間の深い縦皺をさらに深めるかのように眉をひそめて、夫は気が利かない、面白くないと繰り返し言いながら、このまま夫婦を続けてもいいものかと悩んでいた。

 

私からは、「特に夫婦をやめなければならない理由がないのであれば、しばらく続けてみてもよろしいのでは」と伝え、妻は、それならそれで構わない、離婚するのも面倒なうえに世間体が悪いから、夫の側に夫婦を続ける意志があるなら私も続けます、と言った。夫は妻の顔を見ながら言葉にした。

 

「今五十歳だが、どちらかが亡くなるまでずっと夫婦を続けていきたい」

 

それを聞いて妻は納得して帰って行ったのである。

 

しばらく経って、今度は彼が一人でやってきた。妻から言われて来だのではなく、妻には内緒で来たのであった。前回の相談で、離婚を勧められたらどうしようと思っていたら止めてくれたので助かったと、礼をいうために来たのである。

 

「お礼を申し上げるついで、というわけではありませんが、私はじつは浮気をしています。まだ妻にはバレていませんが、バレたら怒るでしょう。でも、離婚するつもりはありません。妻はとても気が強い女ですが、今まで仕事をしたこともありませんし、五十歳という年齢から自活するのは無理ですから、子どもたちに迷惑がかかります。妻の残りの人生は、私が責任をもって養っていくものだと決めていますから、離婚を勧められなくて良かったと思います。ところで、ちょっとこれを見てください」

 

彼が差し出しだのは、浮気相手の写真だ。私は思わずアッと声をあげそうになった。

 

そこに写っている女性は、前回一緒に来た妻の二十年ほど前の姿かと見まごうほどそっくりだったからだ。ストレートで肩まで伸ばした髪形まで似ている。

 

その後も彼は何度か来た。ときには愛人女性を伴って来ることもあった。もしも愛人たちを一列に並べることができるなら、三十歳で二十五歳、四十歳と五年刻みに、どのように肌が衰えていくか、プロポーションが崩れていくのか、まるで一人の女性の老いかたを見るに等しい光景が見られたことだろう。それほどまでに、彼が選ぶ浮気相手の顔は同一なのである。いちばん若い愛人の二十年後が妻の姿である。

 

なぜわざわざ妻そっくりの愛人を選んで、しかも毎月多額のお金をかけるのか理解に苦しむところではあるが、彼が恥ずかしそうに見せてくれる写真には、髪型も洋服の様子も似た女性がポーズをとって微笑んでいる姿。いずれの女性にも、眉間にくっきりと縦に入ったシワがある。これも彼の好みだろう。共通する眉間の深い縦皺は、少し気難しく、気性の荒い女性が彼の好みであることを表わしていた。

 

 

以上のような原因であなたの妻は浮気をしているのかもしれません。

 

その場合、あなたは妻の浮気を見て見ぬふりできるでしょうか? いえ、できないのではないでしょうか。あなたの妻の浮気はなんとかしなければなりません。妻の浮気を放っておけばあなたは気持ちがくすぶったまま生活しなければいけなくなります。

 

もしも、あなたの妻が浮気をしているかもしれないと感じたら、何らかの手を打ってしっかりと調査することが重要です。

 

少しでもあなたの妻の行動に疑問があるのであれば、確実な浮気の証拠を掴むことが重要になります。もしも証拠もなしに妻を問い詰めてもはぐらかされてしまい、夫婦の関係だけがが悪くなってしまいます。

 

そんなときは、きちんとした「探偵事務所」に依頼することで、あなたの妻の浮気をやめさせることができるかもしれません。

 

あやしいと感じたら、最悪な結果になる前に、一度「探偵事務所」に相談してみてもいいかもしれません。

 

そして、浮気が原因で離婚という運びになった場合は、「慰謝料」「財産分与」「養育費」等のお金に関する問題に直面することになるので、もしもあなたの妻が浮気をしていた場合には動かぬ証拠が必要となってきます。探偵事務所に調査を依頼することで動かぬ浮気の証拠を掴むことができるのです。

 

中には浮気が確認されたとしても、早い段階で奥さんに証拠を見せて思い留ませることで、その後は仲良く幸せな家庭を築いている方も大勢おられます。

 

いつまでも確証を得ずに不安な気持ちでいるよりも、なるべく早い段階で証拠をつかむことが大事なのです。

 

ここでは浮気調査に定評があり、しかも法律問題も任せることができる探偵社をご紹介します。

 

 

 

 

 

ALG探偵社

 

 

はじめにオススメする「探偵事務所」は「ALG探偵社」です。

 

「ALG探偵社」は抜群の調査力もさることながら、弁護士事務所が経営する探偵社というのが最大のポイントです。

 

弁護士事務所が経営する探偵社ですから、安心して調査を任せることができます。探偵事務所によくある「顧問」や「提携」ではなく「代表取締役」ですから責任の重さが違います。

 

さらに全国でも数少ない弁護士事務所が経営する探偵社の中でも、一番信頼できる探偵事務社です。

 

  • 弁護士事務所が経営しているということで、もし裁判まで発展する場合になっても調査報告書がそのまま証拠として使用できます。
  •  

  • 相談は何度でも無料ですることができます。匿名での相談もOKです。
  •  

  • 料金も明朗会計、割り増し料金もかからないので安心。
  •  

  • もちろん秘密厳守を徹底しています。
  •  

  • 電話、メールだけで詳細の見積りをだしてもらえます。
  •  

  • 「不倫慰謝料請求」等の「法律相談」を必要が必要な場合でも「法律無料相談」をスムーズに手配できます。
  •  

  • 関東圏を拠点としているので、特に関東圏にお住いの方にオススメします。

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

次にオススメする「探偵事務所」は「原一探偵事務所」です。

 

原一探偵事務所の最大の特徴は、何といっても43年以上にわたって、浮気調査だけでも10万件以上もの問題を解決してきた実績です。

 

その確かな調査力の証拠として、「めざましテレビ」「スッキリ!」「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」などからも調査依頼がくるほどです。

 

他の探偵事務所に断られる難易度の高い調査も解決できるほどの高い調査力を持っている探偵事務所です。

 

  • 経験豊富な調査員が多数在籍しているので、しっかりとした調査結果を得ることができます。
  •  

  • 相談・カウンセリングを24時間365日無料ですることができます。匿名での相談もOKです。
  •  

  • 料金は見積金額以上のお金はかからないので追加料金はかかりません。
  •  

  • 秘密厳守を徹底しているので安心です。
  •  

  • 浮気があった場合、裁判で勝てる決定的な証拠を掴む確実な調査をしてもらえます。
  •  

  • 全国18か所に直営の拠点があり、日本全国を対象に調査することができます。
  •  

  • 特に裁判にも勝てるような確実な証拠が欲しいという方にオススメの探偵事務所です。

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

自分のスタイルに合った探偵事務所を探したい人にオススメなのが「街角相談所 -探偵-」です。

 

街角相談所 -探偵-の最大の特徴は、全国100社以上の探偵事務所から自分に合った探偵事務所を比較して選ぶことができるということです。

 

大手探偵社だけではなく、それぞれの地域に詳しい地域特化型の探偵事務所も紹介してもらえます。

 

20〜40%OFFの料金で紹介してもらえたり、浮気の証拠を掴めない場合は費用0円などのサービスをしている探偵事務所なども紹介してもらえます。

 

  • 紹介してもらえる探偵事務所は下記の5つの基準をクリアしたところのみです。

    @警察署公安委員会へ探偵業の届出済み


    A過去一度も行政処分を受けていない


    B3〜5年以上のキャリアを持つ調査員が在籍している


    C弁護士事務所と提携している


    D裁判で採用される調査報告書が作成できる

 

  • 各探偵事務所の比較、そして近くの優良探偵事務所を探すことができます。
  •  

  • 相談を24時間無料で受け付けています。もちろん匿名でOKです。
  •  

  • 特に自分のスタイルに合った探偵事務所を探したいという方にオススメの探偵事務所紹介サービスです。

 

 

 

 

 

 

探偵事務所に依頼をする上で気になるのは、調査力もそうなのですが、やはり、「料金はいくらかかるのか?」ということだと思います。

 

世の中には最初に提示した金額だけではなく、「割り増し料金」などを請求するような悪徳探偵事務所もあるようです。

 

このサイトで紹介している探偵事務所は探偵事務所としての地位を確立しているので、そういったことはないため、安心して調査の依頼ができる探偵事務所なのですが、やはり「いくらかかるのか」ということは気になります。

 

例えば、ALG探偵社なら「調査員1人で1時間6,000円」、原一探偵事務所なら一例として「調査費用、経費、報告書作成料など、すべて込みで12万円」という感じになっています。

 

しかし、実際にはケースによって料金は異なります。

 

事前に自分である程度証拠を掴んでいるなどして、簡単に調査が終了する場合は安く済む場合もありますし、何もわからなくて一から調査してもらう場合では料金が高くなるケースもあります。それぞれのケース次第で料金が違ってくるため、ネットなどで調べてみても「自分のケースの料金がいくらになるのかはわからない」のです。

 

では、どうすればいいのかというと、直接探偵事務所に問い合わせるしかありません。

 

このサイトで紹介している探偵事務所は全て匿名・無料で相談できるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。提示された料金が高いと感じたら依頼せずにそのままフェードアウトしても何も問題ありませんし (^^♪

 

 

ALG探偵社

原一探偵事務所

街角相談所 -探偵-

ALG探偵社への無料相談はこちら >>

原一探偵事務所への無料相談はこちら >>

街角相談所 -探偵-への無料相談はこちら >>

妻の浮気が疑わしかったらまずは自分で調べてみましょう。妻の浮気の証拠の掴み方はこちらから >>