探偵事務所に妻の浮気調査を依頼する | 妻の浮気について

探偵事務所に妻の浮気調査を依頼する | 妻の浮気について

探偵事務所に妻の浮気調査を依頼する【目次】

 

一般の人にとって、探偵事務所は身近なものではないと思いますが、浮気現場の写真を撮ってもらえるなど、あなたの妻の浮気の証拠を集めるために、大きな助けになってもらえます。

 

探偵事務所によれば、妻の浮気調査を依頼してくる人の目的はそれぞれ違うと言います。どのような目的で探偵事務所を利用するのかというと、「離婚手続きで有利になるから」という人が約38%、「浮気相手に慰謝料を請求するため」という人が約28%。そして、単に「妻が本当に浮気をしているのかをハッキリさせたい」という人が約25%だそうです。

 

離婚や慰謝料請求まで吹き切る気持ちはまだ持っていないという人でも、「妻が本当に浮気をしているかどうか不安で、本当のことを知りたい」という考えであれば、探偵事務所へ浮気調査の依頼をしてみるのもいい手だと思います。

 

依頼者の男女比は大体5対5で半々だそうで、女性のほうが若干多いといいます。年代別にすると、30代中盤〜50代が最も多く、子育てが終わった、落ち着いてきたくらいで浮気をされてしまったという人が、探偵事務所で浮気調査をしてもらうことが多いということです。

 

浮気調査として探偵事務所がすることといえば、基本的には、尾行と現場の証拠写真の撮影がメインになります。手段を選ばずに証拠を集めるというようなことはしません。盗聴・盗撮などはしませんし、電話番号を用いての個人特定はもとより、別れさせ屋などの法律に触れるような行為は一切しません。

 

違法な行為で証拠を集めても証拠として使えなくなりますから当然のことですね。

 

 

浮気調査の流れ

 

探偵事務所に妻の浮気調査を依頼した時には、どういった流れで調査を進めていくのでしょうか?

 

はじめに、電話、メールで受けつけや簡単な相談内容を聞いて、その後で、事務所を訪れて、浮気調査の内容を話し合います。

 

そして、探偵事務所側から具体的な調査プランの提案を示してもらい、そのプランで問題なければ、契約を交わすことになります。見積金額等の詳細も契約のときまでに提示しててもらいます。

 

その後、妻の浮気調査をスムーズに進行させるため、依頼者側から探偵事務所側へと、調査対象者(あなたの妻)の情報を伝えることになります。調査対象の情報を伝えるときには、次のような内容を探偵事務所側に伝えるといいと思います。

 

  • あなたの妻の顔写真(少ないよりは多いほうがいい)
  • 身長・体型、普段着ている服や持っているカバン
  • 勤務先の名前・住所、電話番号
  • 車の車種、ナンバー、色
  • (知っているのであれば)浮気相手の名前、自宅の住所、勤務先の名前・住所
  • 行きつけの店名・住所・電話番号など
  • あなたの妻の行動パターン、浮気相手いるかもしれないと思う曜日や時間帯

 

 

写真は、証明写真のような正面から撮影してある、顔がハッキリと確認できるものが望ましいのですが、ほかにも、横顔を撮った写真など、数種類の顔が確認できる写真を用意できればいいと思います。普段の服装やカバンの種類・色を伝えておくことも大切になります。

 

驚きなのが、長年調査員をしている人の中には顔全体ではなくて、耳の形で対象人物を判別できる人までいるといいます。つまり調査する人物の情報は多くあればあるほど、調査が確実なものになるのです。

 

このように、依頼者から聞いたり、集めた情報をもとにして、探偵事務所の調査員は、現場の状況や交通状況などをしっかり調べてから、当日の対象者の行動をあらかじめ予測しながら、何人の調査員を出すか、また車は必要かどうか、などのことを決めていくのです。

 

 

調査にかける人数

 

普通は、2人か3人で浮気調査行うことが多いといいます。浮気調査といっても「張り込み」や「尾行」などはかなり体力が必要となる仕事なので、調査員の割合は男性のほうが多いものなのですが、その場の状況次第で、女性調査員がサポートとして入ります。たとえば、対象者がディズニーランドなどに行った場合は、男性の集団がうろうろしているのは明らかに不自然に見えるので、男性調査員と女性調査員が一緒に行動する、といった感じで調査をするそうです。

 

実際の調査の進め方としては、はじめに、あなたの妻が浮気相手と接触している場面をおさえるのが基本となります。また、依頼者から「何月何日、何時〜何時の行動を調査してほしい」と指定された場合は、対象者のその時間帯の行動を細かく、記録して報告書としてまとめることになります。例えば対象であるあなたの妻が店などに入るならば、調査員もできる範囲で、その店に入って調査します。状況次第で、車やバイクなども使って、対象者を尾行するといいます。

 

 

撮影手段

 

調査対象者の行動を記録する場合、最も有効となる手段は、写真や映像での撮影をするということです。証拠になる現場の撮影手段は、以前はフィルムカメラがメインだったといいます。しかし現在は、デジタルカメラを使うこともあるといいますが、もしかして画像編集ソフトを使用して捏造した可能性があると裁判で主張される可能性もあるといいます。

 

そこで、最近の探偵事務所の調査では、ビデオカメラを使って撮影することが多いそうです。ビデオカメラといっても、手のなかに収まるくらいの特殊な小型カメラで、対象者に全く気付かれずにその場の状況を撮影できることが可能だそうです。

 

調査対象者が浮気相手と別れたとしても、そこで浮気調査が終了することはないそうです。そこから、あなたの妻の浮気相手はどこの誰なのかということを確認するために、あなたの妻の浮気相手を尾行する場合も多くあるといいます。浮気相手のマンションの入口がオートロック式の場合には、部屋まで尾行するのは困難になるため、浮気相手の部屋のベランダ側から見張って、何号室に住んでいるのかの確認をすることもあるそうです。

 

このようにして調査した情報を整理して、探偵事務所側は、裁判に提出することも可能なな報告書を作成することになります。それだけではなく、場合によるところが大きいのですが、浮気調査をした調査員本人が、目撃者として裁判で証言をすることもあるのです。

 

 

調査日数について

 

ここで問題となってくるのは、「いったいどのくらいの調査日数をかけることで、あなたの妻の浮気の現場と証拠を掴むことができるのか」ということだと思いますが、これだけは時と場合によって違いが出てくるとしか言えません。

 

実際に、頑張ってあなたの妻を尾行してもらったとしても、ただ単に女友達と食事や飲みに行った、買い物を楽しんでいただけだったなど、浮気とは関係のない場面しかおさえることができなかったということもあるようです。

 

ここで重要となってくるのは、依頼前にリサーチすることで、あなたの妻が浮気相手と会いそうな日をあらかじめつかんでおくということです。
そのときに、たとえば、携帯メールをチェックして、「パートナーが○月○日に浮気相手と会う」という行動予定が把握できれば、その日に絞って、探偵事務所に調査してもらうことができます。

 

では、実際の調査日数はどれくらいなのでしょうか。一般的な探偵事務所のケースで見てみましょう。それによると、一番多いのが「7〜9日」で約50%、その次が「4〜6日」で約20%となっています。「10日以上」の依頼も約15%ありますが、最初は「3〜4日」調査してみて、結果がでなければ追加してみる、というのがオススメの依頼方法です。

 

 

調査にかかる費用

 

あと、依頼者にとって気になるのが、どれくらいの費用がかかるのかということです。これは探偵事務所や調査方法によっていろいろで、一概に言えないのですが、通常は、調査日数や調査時間、調査員の数などによって、金額が決まってきます。

 

調査費用は現場の状況によって変わってきます。たとえば、調査対象となる建物の入り囗が1つなのか3、4か所あるのかによって、必要な調査員の数も変わってきます。そのような実情によって、調査費用は増減するので、注意してください。

 

もちろん事前に、パートナーが浮気相手と接触する日がわかっていて、ピンポイントで一日だけ調査を依頼するというケースもありえます。そのようなケース場合であれば、相場よりも安い値段で証拠写真などをおさえることができる可能性があるそうです。そのため、浮気の調査費用については、ケースバイケースと考えた方がいいのかもしれません。

 

 

ここまで、探偵事務所の活用の仕方について、説明してきました。しかし、探偵というと、「あやしいと感じてしまう」という方もいるかもしれません。

 

そこで、ここでは探偵事務所に関する法律や制度について、少し説明をしていきたいと思います。

 

まず、探偵や探偵事務所にとって、とても重要となる法律が「探偵業法」と呼ばれるのもです。この法律が施行されたことによって、探偵の営業の際には必ず各都道府県の公安委員会への届け出が必要となりました。探偵業法では、暴力団員が探偵として営業することを禁止していることはもちろん、依頼者との契約時に契約の内容を明らかにする書面を交付しなければならない、などのことが定められています。

 

今現在、探偵、または興信所を名乗っている探偵業者の届け出の数は全国合わせて5000以上もあると言います。探偵業法によって、以前のような悪徳ボッタクリ業者の数は激減したといいますが、依頼内容に合った調査をしない、依頼した後になって何らかの理由を付けて追加料金を請求してくる、などのような悪質探偵業者がいまだに存在していることも事実です。

 

悪質探偵業者を見分ける際のチェックポイントを挙げるので参考にしてください。

 

@ 探偵業法の届け出をしているかどうか
A ホームページなどで会社の所在地等の商法が公開されているかどうか
B 探偵業者の協会であったり、また、関係団体に加入しているかどうか
C 相談内容をほとんど聞かないまま、すぐ調査料金を提示して契約を催促してこないかどうか
D 会社・事務所ではない場所での面談をしないかどうか
E 提示された調査料金が他と比べて極端にに安くないかどうか
F 復縁工作や電話番号からの所有者判明等の、違法調査をアピールしていないかどうか

 

まず、最初の@〜Bは基本です。業者のホームページを見れば、届け出番号や業界団体のことが記載されていることが多いので、チェックしてみましょう。

 

Cの「すぐに契約を催促してこないかどうか」というケースは、依頼者から調査料金だけをもらって、真面目に調査する気がないという可能性があります。依頼者の話をしっかり聞いたうえで、調査プランと料金を提示する業者を選びましょう。

 

Dの「事務所ではない場所での面談をしないかどうか」という業者も、注意したほうがいいでしょう。そのような場合、あまりにも小さな事務所で、調査員もまともな人数がいない、といったことが考えられます。

 

Eの「調査料金が極端に安い」というのも考えものです。あまりに安いと、調査対象者の車にGPSを仕込んだだけで、調査員を現地へ配備しなかったり、ここぞというときに調査員が足りなかったり、といった事態になりかねません。

 

また、最初の料金は安くても、あとで車両台などの経費を請求されて割高になったり、調査費用以外の名目で超高額の成功報酬を請求されたりする場合もありますので、最新の注意が必要となります。

 

そして、最後のFはそもそも違法です。こうしたサービスを利用すると、後日、自分がトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、利用しないほうが賢明でしょう。

 

 

調査を依頼する前に必ず確認すること

 

こうしたことを踏まえ、依頼をする際にはまず、ホームページなどで業者の規模や設備、調査人員の数といった事柄のほか、探偵業法の順守や個人情報の保護といったコンプライアンスの面もしっかり対応できているかどうか、確認することをおすすめします。

 

ホームページなどをチェックしたあとは、依頼しようと思っている探偵事務所に電話をかけて、相談の予約をすることになります。この時、メールだけのやりとりで、調査を依頼することは避けたほうが望ましいでしょう。直接、事務所の担当者に会って、信用できるかどうか確かめたほうがいいからです。できれば、直接事務所に行って、自分の目で業者の規模や雰囲気などを確認したほうがいいでしょう。

 

探偵事務所に相談するときには、相談員であったり担当者がきちんと自分の話を聞いてくれているのかどうかを確かめて、さらに料金のシステムをしっかり把握して、その後家に帰って熟考してから依頼するようにするのがいいと思います。

 

更に付け加えるならば、調査終了後のアフターケアがしっかりしているかどうかということも探偵事務所選びの大切なポイントとなります。

 

契約する際には、調査依頼契約書はもちろん、重要事項を説明する書面などが揃っていることを確認して、全体の内容の説明を必ず受けるようにすることが大事です。

 

もし、悪質な業者に依頼してしまったと思ったときには、決して動揺したりしないで毅然とした態度で、業者に臨むようにしましょう。いくら言っても問題が改善しない状態が続くようであれば、各地域の消費生活センターであったり、内閣府が認可した全国調査業協同組合に相談してみるのも一つの手です。

 

 

以上のように、きちんとした「探偵事務所」に依頼することで、あなたの妻が本当に浮気をしているのかどうかがハッキリします。

 

どうしても確証が欲しい時には、一度「探偵事務所」に相談してみてもいいかもしれません。

 

浮気が原因で離婚という運びになった場合は、「慰謝料」「財産分与」「養育費」等のお金に関する問題に直面することになるので、もしもあなたの妻が浮気をしていた場合には動かぬ証拠が必要となってきます。探偵事務所に調査を依頼することで動かぬ浮気の証拠を掴むことができるのです。

 

中には浮気が確認されたとしても、早い段階で奥さんに証拠を見せて思い留ませることで、その後は仲良く幸せな家庭を築いている方も大勢おられます。

 

いつまでも確証を得ずに不安な気持ちでいるよりも、なるべく早い段階で証拠をつかむことが大事なのです。

 

ここでは浮気調査に定評があり、しかも法律問題も任せることができる探偵社をご紹介します。

 

 

 

 

 

ALG探偵社

 

 

はじめにオススメする「探偵事務所」は「ALG探偵社」です。

 

「ALG探偵社」は抜群の調査力もさることながら、弁護士事務所が経営する探偵社というのが最大のポイントです。

 

弁護士事務所が経営する探偵社ですから、安心して調査を任せることができます。探偵事務所によくある「顧問」や「提携」ではなく「代表取締役」ですから責任の重さが違います。

 

さらに全国でも数少ない弁護士事務所が経営する探偵社の中でも、一番信頼できる探偵事務社です。

 

  • 弁護士事務所が経営しているということで、もし裁判まで発展する場合になっても調査報告書がそのまま証拠として使用できます。
  •  

  • 相談は何度でも無料ですることができます。匿名での相談もOKです。
  •  

  • 料金も明朗会計、割り増し料金もかからないので安心。
  •  

  • もちろん秘密厳守を徹底しています。
  •  

  • 電話、メールだけで詳細の見積りをだしてもらえます。
  •  

  • 「不倫慰謝料請求」等の「法律相談」を必要が必要な場合でも「法律無料相談」をスムーズに手配できます。
  •  

  • 関東圏を拠点としているので、特に関東圏にお住いの方にオススメします。

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

次にオススメする「探偵事務所」は「原一探偵事務所」です。

 

原一探偵事務所の最大の特徴は、何といっても43年以上にわたって、浮気調査だけでも10万件以上もの問題を解決してきた実績です。

 

その確かな調査力の証拠として、「めざましテレビ」「スッキリ!」「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」などからも調査依頼がくるほどです。

 

他の探偵事務所に断られる難易度の高い調査も解決できるほどの高い調査力を持っている探偵事務所です。

 

  • 経験豊富な調査員が多数在籍しているので、しっかりとした調査結果を得ることができます。
  •  

  • 相談・カウンセリングを24時間365日無料ですることができます。匿名での相談もOKです。
  •  

  • 料金は見積金額以上のお金はかからないので追加料金はかかりません。
  •  

  • 秘密厳守を徹底しているので安心です。
  •  

  • 浮気があった場合、裁判で勝てる決定的な証拠を掴む確実な調査をしてもらえます。
  •  

  • 全国18か所に直営の拠点があり、日本全国を対象に調査することができます。
  •  

  • 特に裁判にも勝てるような確実な証拠が欲しいという方にオススメの探偵事務所です。

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

自分のスタイルに合った探偵事務所を探したい人にオススメなのが「街角相談所 -探偵-」です。

 

街角相談所 -探偵-の最大の特徴は、全国100社以上の探偵事務所から自分に合った探偵事務所を比較して選ぶことができるということです。

 

大手探偵社だけではなく、それぞれの地域に詳しい地域特化型の探偵事務所も紹介してもらえます。

 

20〜40%OFFの料金で紹介してもらえたり、浮気の証拠を掴めない場合は費用0円などのサービスをしている探偵事務所なども紹介してもらえます。

 

  • 紹介してもらえる探偵事務所は下記の5つの基準をクリアしたところのみです。

    @警察署公安委員会へ探偵業の届出済み


    A過去一度も行政処分を受けていない


    B3〜5年以上のキャリアを持つ調査員が在籍している


    C弁護士事務所と提携している


    D裁判で採用される調査報告書が作成できる

 

  • 各探偵事務所の比較、そして近くの優良探偵事務所を探すことができます。
  •  

  • 相談を24時間無料で受け付けています。もちろん匿名でOKです。
  •  

  • 特に自分のスタイルに合った探偵事務所を探したいという方にオススメの探偵事務所紹介サービスです。

 

 

 

 

 

 

探偵事務所に依頼をする上で気になるのは、調査力もそうなのですが、やはり、「料金はいくらかかるのか?」ということだと思います。

 

世の中には最初に提示した金額だけではなく、「割り増し料金」などを請求するような悪徳探偵事務所もあるようです。

 

このサイトで紹介している探偵事務所は探偵事務所としての地位を確立しているので、そういったことはないため、安心して調査の依頼ができる探偵事務所なのですが、やはり「いくらかかるのか」ということは気になります。

 

例えば、ALG探偵社なら「調査員1人で1時間6,000円」、原一探偵事務所なら一例として「調査費用、経費、報告書作成料など、すべて込みで12万円」という感じになっています。

 

しかし、実際にはケースによって料金は異なります。

 

事前に自分である程度証拠を掴んでいるなどして、簡単に調査が終了する場合は安く済む場合もありますし、何もわからなくて一から調査してもらう場合では料金が高くなるケースもあります。それぞれのケース次第で料金が違ってくるため、ネットなどで調べてみても「自分のケースの料金がいくらになるのかはわからない」のです。

 

では、どうすればいいのかというと、直接探偵事務所に問い合わせるしかありません。

 

このサイトで紹介している探偵事務所は全て匿名・無料で相談できるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。提示された料金が高いと感じたら依頼せずにそのままフェードアウトしても何も問題ありませんし (^^♪

 

 

ALG探偵社

原一探偵事務所

街角相談所 -探偵-

ALG探偵社への無料相談はこちら >>

原一探偵事務所への無料相談はこちら >>

街角相談所 -探偵-への無料相談はこちら >>

妻の浮気が疑わしかったらまずは自分で調べてみましょう。妻の浮気の証拠の掴み方はこちらから >>